ケロイド

傷や手術のあとに紅色調の半球状に盛り上がった病変を生じることがあります。皮膚を作る繊維芽細胞の産生が過剰になることが原因です。数年以内で徐々に色調も退色し、盛り上がりも改善するものを肥厚性瘢痕、徐々に正常な皮膚まで病変が広がるものをケロイドと呼びます。

当院での治療

ステロイド軟膏、ステロイドテープの外用
リザベン(トラニラスト)の内服