尋常性乾癬

尋常性乾癬の症状は、盛り上がった赤い発疹ができ、そこに銀白色の厚い鱗屑ができます。全身どこにでもでき、肘、膝、腰まわりなどこすれる場所に症状が出やすいです。乾癬にはいくつかの病型があり、尋常性乾癬が90%を占めます。
良くなったり悪くなったりを繰り返しますが、治療の種類は多くあります。
原因はまだわかっていませんが、遺伝的な素因に様々な環境因子(肥満、不規則な食事、感染症など)が加わって発症すると考えられています。乾癬は人にはうつらない病気です。

当院でできる治療:

ステロイドやビタミンD3の外用薬やナローバンドUVB照射など