掌蹠膿疱症

小さな膿疱が手のひらや足裏にできる病気です。また、鎖骨、胸の中央部やその他関節が痛むことがあります。
扁桃腺や歯、鼻などに細菌からの慢性炎症があると掌蹠膿疱症が生じることがあります。喫煙者は禁煙することで症状が軽快することもあります。また、歯科金属によるアレルギーも関係しているといわれているので、場合により金属パッチテストを行います。

当院での治療

ステロイド軟膏、活性型ビタミンD3軟膏の処方が主体です。症状が重い場合は紫外線療法も行います。