水虫

足白癬(水虫)は、真菌(かび)の一種である皮膚糸状菌が皮膚の角層に寄生して生じます。足白癬の原因菌は主にトリコフィトン・ルブルム、トリコフィトン・メンタグロフィティスです。病変が股にできると股部白癬、股以外の部位にできると体部白癬と言います。毛や爪にも菌が感染することもあります。
診断は、白癬菌が寄生していそうな皮膚や爪の一部を採取し、顕微鏡で観察し菌糸を確認します 。
足の間や足裏がかゆい、赤くなっているなどの症状がありましたら、なるべく市販の水虫薬を塗らずに当院へご相談下さい。もしかすると足白癬以外の皮膚病(汗による湿疹など)の可能性もあります。

当院での治療

顕微鏡で菌糸を確認した後、抗真菌薬外用を開始します。爪白癬は場合により抗真菌薬内服を行います。