粉瘤

ドーム状に盛り上がった腫瘍です。皮膚の下に袋状のものができ、その袋の中に本来なら皮膚から剥がれ落ちるはずの角質(垢)や皮脂がたまっていきます。腫瘍の中央部は黒点状の開口部がみられる場合もあります。

顔、首、背中などにできやすいですが、体のどこにでもできます。良性の腫瘍ですので、袋をとる手術を必ずしなければいけないというわけではありません。

開口部を圧迫すると臭いを伴う粥状物質が出ることがあります。また、開口部より細菌が入り化膿することがあります。この状態を炎症性粉瘤と呼びます。この場合、当院では抗生剤を内服、場合により局所麻酔を使用して皮膚の表面を一部切開して膿を出します。