ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚にピーリング液(サリチル酸またはグリコール酸)を塗り、皮膚を剥がすことによって起こりうる現象や効果を利用して行う治療のことです。

方法

顔または背中にピーリング液(サリチル酸またはグリコール酸)を塗って皮膚の角層のみをはがし、毛穴の詰まりを取り、なめらかな肌にします。

にきび

尋常性痤瘡(にきび)は10~30歳代の男女に多く、顔、背中、前胸部にできます。

原因

  • ホルモンバランスの乱れ:生理前、月経不順、過剰なストレスによるホルモンバランスの変化によるもの
  • 皮脂の過剰分泌
  • 細菌感染:アクネ菌などの増殖
  • 皮膚のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルの乱れによる毛穴のつまり

保険適用内治療

①外用薬:外用レチノイド(毛穴のつまりをなくす)、抗菌薬
②内服薬:抗菌薬、場合によりビタミン薬
③面疱圧出:専用器具を用い毛穴に詰まった皮脂や角質を除去

保険適用外治療

①ケミカルピーリング:皮膚に化学薬品を塗り、角質を剥がすことによって毛穴のつまりを改善する効果があります。当院ではグリコール酸を用います。