掌蹠膿疱症

小さな膿疱が手のひらや足裏にできる病気です。また、鎖骨、胸の中央部やその他関節が痛むことがあります。
扁桃腺や歯、鼻などに細菌からの慢性炎症があると掌蹠膿疱症が生じることがあります。喫煙者は禁煙することで症状が軽快することもあります。また、歯科金属によるアレルギーも関係しているといわれているので、場合により金属パッチテストを行います。

当院での治療

ステロイド軟膏、活性型ビタミンD3軟膏の処方が主体です。症状が重い場合は光線療法も行います。

尋常性乾癬

尋常性乾癬の症状は、盛り上がった赤い発疹ができ、そこに銀白色の厚い鱗屑ができます。全身どこにでもでき、肘、膝、腰まわりなどこすれる場所に症状が出やすいです。乾癬にはいくつかの病型があり、尋常性乾癬が90%を占めます。
良くなったり悪くなったりを繰り返しますが、治療の種類は多くあります。
原因はまだわかっていませんが、遺伝的な素因に様々な環境因子(肥満、不規則な食事、感染症など)が加わって発症すると考えられています。乾癬は人にはうつらない病気です。

当院でできる治療:

①外用療法:ステロイドやビタミンD3の外用薬
②光線療法:ナローバンドUVB、エキシマライト

円形脱毛症

頭部に円形状の脱毛斑が生じます。大部分は頭髪に生じますが、眉毛、ひげなど全身の毛が抜けることがあります。毛包がリンパ球の攻撃を受けて破壊されてしまうことが原因と言われていますが、理由は完全にわかっていません。リンパ球の攻撃が抑制されれば元通り毛が生えます。甲状腺疾患や尋常性白斑、アトピー性皮膚炎に合併する例もあり、自己免疫が関係しているとも推察されています。

当院でできる治療

ステロイド外用療法、光線療法