紫外線治療:部分型ナローバンドUVB

波長が311±2nmの紫外線を照射します。
通常のUVBに比べて効果が高いとされています。
アトピー性皮膚炎、乾癬、尋常性白斑などに適応があります。

尋常性白斑

尋常性白斑は白なまずとも言われ、皮膚が完全に白くなり境界が明瞭な白斑が形成されます。原因ははっきりと分かっていません。

当院でできる治療

①外用療法:ステロイド、ビタミンD3やタクロリムスの外用薬
②ナローバンドUVB照射

アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能の低下(乾燥肌)とアトピーの素因(ご本人およびご家族がアレルギー性の喘息および鼻炎、結膜炎、皮膚炎を持っている状態)が関連しあって慢性の湿疹や皮膚炎を繰り返す病気です。

当院での治療

①外用療法:ステロイド軟膏やプロトピック軟膏などの炎症を抑える薬と保湿剤を使用します。プロトピック軟膏は一過性にヒリヒリするため少しずつ使用していきます。
②内服療法:抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬
③光線療法:ナローバンドUVB照射